トップページ >  人気のアウトバストリートメント >  香栄化学 ヒアロンオイル

香栄化学 ヒアロンオイルの成分を鑑定!

香栄化学 ヒアロンオイル の成分を、 アウトバストリートメントを構成する成分構成として
「トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分)」
「トリートメント成分(髪のキューティクルを保護する成分)」
「サポート成分(保湿・抗菌・消炎などの効能成分)」
「悪い成分(刺激性界面活性剤)」
「悪い成分(シリコン)」
「悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤等)」
ごとに分けました。 香栄化学 ヒアロンオイル の成分が何に使われているかがわかります。

アウトバストリートメントを構成する成分
アウトバストリートメントの成分の分類 商品中の配合成分 効能成分が商品に
含まれているか
トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分) なし
トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分) ジメチコン、ツバキ油
サポート成分(保湿・抗菌・消炎などの効能成分) ヒアルロン酸Na
悪い成分(刺激性界面活性剤) なし
悪い成分(シリコン) ジメチコン
悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤等) メチルパラベン、メチルイソチアゾリノン

香栄化学 ヒアロンオイル の全成分

水、ジメチコン、ヒアルロン酸Na、ツバキ油、(C12-14)パレス-12、メチルパラベン、メチルイソチアゾリノン


香栄化学 ヒアロンオイル の成分のポイント

シリコンとヒアルロン酸とオイルのみで構成されたトリートメント

ヒアルロン酸美容液のようなトリートメント剤ですが、シリコンも含まれます。髪の水分を保持して、紫外線やドライヤーの熱から髪を守って潤う髪にします。

椿油で潤い保持

椿油が含まれているので、髪に水分を閉じ込めてパサつかず潤いをしっかり保ちます。また椿油の油はオレイン酸がメインなので、痛んだ髪を修復します。

ヒアルロン酸と椿油で変質を防ぐ

小さじ1杯で6?の水を保持できるヒアルロン酸と、水分を中に閉じ込め酸化しにくい椿油が合わさっているので、性質変化しにくいです。


香栄化学 ヒアロンオイル は「見送り」

シリコンとヒアルロン酸とオイルのみで構成されたトリートメント

トリートメント成分・・・ (6点満点)
悪い成分・・・・・・     (3点満点)

総合評価・・・     (9点満点)




香栄化学 ヒアロンオイル の商品詳細

香栄化学 ヒアロンオイルは、ナチュラル素材のヒアルロン酸と椿油を混ぜてその長所を生かしたヘアオイルです。ヒアルロン酸100%原液に椿油を加えたものなので、ヘアオイルというよりはヘア用美容液に近いものがあり、さらさらなのにしっとりする髪を目指す人にはぴったりのヘアオイルと言えるでしょう。
元々香栄化学はヘアサロン専用シャンプーやトリートメントを販売しているので、プロも使う確かな品質を持つ製品です。
ノンシリコンシャンプーに加えて、乾燥に強い椿油と優れた保水力をもつヒアルロン酸のダブル効果で、パサついた髪に潤いと栄養・水分を与えます。
価格 2572円
内容量 30g
特典 なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の洗い流さないトリートメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら