トップページ >  アウトバストリートメントの基礎知識 >  二つの活性剤成分には注意

洗い流さないトリートメントは「2つの活性剤成分」に要注意

石油系界面活性剤には注意

界面活性剤というと「毒」というイメージが浸透していますが、実は界面活性剤がすべて悪い影響を及ぼすものではないのです。
界面活性剤にはいくつかの種類があり、効果の強さに違いがあるものの、汚れや油脂とくっつきやすい性質をもつので 一般的には洗浄剤として使われることが多いのです。
わかりやすくいうと、本来は混ざり合わない油と水を混ぜ合わせることで、水だけでは落ちない汚れも落とすことができるというわけです。
シャンプーもその1つで、現在市販されているほとんどのものに界面活性剤が使われています。

界面活性剤の中で最も注意が必要なのは石油系界面活性剤です。 洗浄効果が非常に高い反面、刺激が強すぎて、皮膚に必要な皮脂まで取り去ってしまうといわれています。
しかも、石油系界面活性剤には一度つくととれにくく、さらになくなりにくいという性質があるため、 よりその危険度が高まるのです。
皮脂を取り去り、角質細胞を破壊してしまうので、お肌のバリア機能が失われ、様々なトラブルを招くというわけです。

ですから、フケや抜け毛、頭皮のかゆみなどは、もしかしたら石油系界面活性剤を長い間使い続けていることが 原因なのかもしれないのです。
そして、やっかいなことに石油系界面活性剤は、他の界面活性剤と比べて人体に入り込みやすい性質を持っているため、 長期間使い続ければ当然体内に蓄積され、一度入り込むと排出されることがありません。

できるだけこれらの有害成分を取り入れないようにするためには、シャンプーやトリートメントなどを選ぶときには 成分表をチェックすることが大切です。
成分の名前だけではわかりにくいかもしれませんが、とりあえず最も有害だといわれている「ラウリル硫酸系」は避けましょう。
また、天然の界面活性剤を使用しているものを選ぶのも1つの方法です。




低分子カチオン活性剤には要注意

最近はシリコンが髪や頭皮によくないと言われ、ノンシリコンタイプのシャンプーやトリートメントが 大人気となっており、各メーカーもこぞって発売していますね。
けれども、不思議なことにノンシリコンと謳っている商品でも使用感はそれほど悪くなく、 シリコンを配合しているものとそれほど変わりがないのです。

なぜならそれはシリコンの代わりに「低分子性カチオン活性剤」が配合されているからです。
この成分は、水に溶けるとすぐに髪に吸着する性質を持ち、髪の表面をコーティングするというシリコンと同様の働きをもっています。 ですから、ノンシリコンでも、低分子性カチオン活性剤が配合されていれば、手触りの良さを実感できるというわけなのです。

ただし、この低分子性カチオン活性剤には注意が必要です。
実は、危険性が懸念されている石油系合成界面活性剤よりもさらにタンパク質変性作用が強力なので 髪や頭皮につくと、たんぱく質を破壊してしまうというのです。
特に頭皮につくことで少しずつ蓄積され、たんぱく質を破壊し続けるため、 健康な髪が育たなくなり、抜け毛やコシのない痩せ細った毛髪になっていくこともあります。
さらに、これらの有害物質は洗い流すことで環境汚染にもつながるといわれています。
ですから、シリコンが配合されているかどうかに目くじらを立てるよりも 実際には低分子性カチオン活性剤が配合されていないかどうかをチェックすることが大切なのです。
ヘアケア剤を選ぶ時には、できるだけ天然成分を使ったものや、有害成分無添加のものなどを探すことをおすすめします。




気になる成分の有無をわかりやすく整理した表で安心できる商品を選びましょう↓。