トップページ >  アウトバストリートメントの成分 >  髪に悪い成分まとめ

洗い流さないトリートメントに含まれる髪の悪い成分は?

洗い流さないトリートメントで注意する刺激成分


ここ数年でかなり浸透してきたのが洗い流さないトリートメントですね。 ヘアケアコーナーでも商品名の横に「洗い流さないトリートメント」と記載されているものが多く目につきます。
洗い流さないことで有効成分がしっかりと髪に浸透し、より高い効果が得られるというメリットから シャンプー後や朝のスタイリングの際に使用している人も多いようです。
洗い流さないトリートメントは、つけた瞬間から髪を滑らかにしたり、ツヤを出したり、まとまりやすくしたりと 即効性があるので、髪の状態がよくなったような気がするのですが、本当はそうではないのです。

実はこれらの効果を出す成分は、一般的には注意すべき成分だといわれているものがほとんどなのです。
まず、最も危険な成分は低分子性カチオン活性剤
これは石油系合成界面活性剤よりも危険だといわれるほどの有害な成分なのですが、 他のヘアケア剤に比べて、洗い流さないトリートメントへの配合率が特に高いのです。
低分子性カチオン活性剤は、髪をコーティングして滑らかさとツヤ感、しっとり感などをもたらしてくれる反面、 タンパク質変性作用が非常に高く、特に頭皮についた場合は刺激が強く、髪をボロボロにしてしまう危険もあるのです。
ただし、洗い流さないトリートメントは毛先を中心につけるため、頭皮につく確率が低いといえます。 それが配合率を多くしている原因なのかもしれません。

また、トリートメントの使用感をよくしたり、成分をより浸透しやすくする働きがある界面活性剤や 腐敗を防ぐ作用をもつ防腐剤なども注意が必要な成分です。
できるだけ、頭皮に刺激を与えないようにトリートメントをつけるときは、毛髪のみにつけることが大切です。




髪に悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤等)

安全なアウトバストリートメントを選びたいなら、防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤に刺激性が強い成分が使われていないかを確認してみてください。
つい界面活性剤やシリコンばかりに目が行きがちですが、これらの成分にも気を配るべきです。

これらの成分はコスメやヘアケア用品には必須の成分です。むしろ、トリートメントの品質を保つためには、一切入っていないと不安なものです。
ただし、肌や髪への刺激性についてはピンキリです。安価で効果が高くても、刺激性やアレルギー性が高い成分は避けたほうがいいでしょう。
また、刺激性が低くても、大量に使用されることで結果的に悪影響をおよぼしてしまうものもあります。

「無添加」や「自然由来」という言葉で髪にいい!と誤解してしまうケースが多いですが、このような成分が入っていないと、使用期限が極端に短くなったりするリスクもあります。
また、有名な刺激成分がない代わりに、もっと刺激が強かったり、臨床実験データの少ない成分が配合されているだけという場合もありますので、成分表に注意してみてください。



髪に悪いといわれる代表的な成分

(防腐剤)
安息香酸(安息香酸Na)、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、クロルヘキシジン、(ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピル)、(メチルジブロモグルタロニトリル)、(ジアゾリジニル尿素)、PEG-90M 、セテスー20、ソルビン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルkなど

(防腐剤(パラベン類))
パラベン類(ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベン)、パラオキシン安息香酸エステル)など

(酸化防止剤)
没食子酸プロピル、ハイドロキノン(ヒドロキノン)、コウジ酸、BHTなど

(日焼け止め)
オキソベンゾン-3、エチルへキシルトリアゾンなど

(金属封鎖剤)
エチドロン酸など

(消毒液) イソプロパノールなど (その他) タルクなど




以上のような髪や頭皮に悪影響を及ぼす成分を含まないか、十分確認して選びましょう。こちらの表に使用成分が詳しくまとめられています。↓