トップページ >  アウトバストリートメントの成分 >  刺激性界面活性剤

髪に悪い成分(刺激性界面活性剤)

界面活性剤といえば、シャンプーばかり注目されますが、白髪染めなどの染色剤、そして洗い流さないトリートメントなどにも刺激性の強い界面活性剤が使われています。

これらは汚れを落とす役割ではなく、柔軟作用(柔軟剤)、帯電防止作用として使われるケースが多いです。第四級アンモニウム化合物が代表的で、XXXクロリドという成分がそれにあたります。頭皮のたんぱく質を変質させてしまう成分なので、これは絶対に頭皮につけてはなりません。

クロリド系以外にも、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどが刺激性の強い界面活性剤として知られています。

頭皮につけなければ問題はありませんが、最近ではこれらの刺激的な成分が少ない優良なトリートメントも売られています。
できる限りこれらの成分を避けて選ぶと安心です。



代表的な刺激性界面活性剤

(クロリド系)
ベヘントリモニウムクロリド、ステアリルコニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、ベンザルコニウムクロリド、クオタニウム-22、ジステアリルジモニウムクロリド、ステアリルトリモニウムクロリド(ステアリルトリモニウムブロミド)、セチルピリジニウムクロリド、ベンゼトニウムクロリド、PEG-2オレアンモニウムクロリド、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロウド(グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド)、ステアルトリモニウムプロミド(ステアルトリモニウムクロリド)。ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド

(その他合成界面活性剤) ラウリル硫酸Na、スルホン(スルフォン)酸Na、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩(ラウリルエーテル硫酸塩類)、ラウレス硫酸Na、キシレンスルホン酸アンモニウム、パレスー3硫酸Na、パレスー3硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS、LAS)、 アルキル硫酸エステルナトリウム(AS)、 アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)(AES)、 ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル(POEP)、 ポリオキシエチレンアルキルエーテル(POER)、オレス-5、オレス-2、オレス-10(オレス系界面活性剤)