トップページ >  アウトバストリートメントの成分 >  キューティクルを保護する成分

表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分

表面をコーティングするトリートメント成分は、髪のキューティクルが剥がれ落ちることを阻止する効果があります。また、髪がサラサラになるので、手触りもよくしてくれます。

頭皮に悪いとして敬遠されがちなシリコンも、この部類に入ります。
しかし、ダメージヘアを補修するためには、このようなコーティング剤が不可欠です。 深刻なダメージを受けている髪は、キューティクルが剥がれ、内部のアミノ酸が流れでてしまっている状態にあります。
健康な髪や、軽いダメージヘアの場合はむしろ過保護になってしまうのですが、このようにキューティクルがボロボロになってしまっている場合、コーティングが必要になってくるのです。
シリコンを一概に避けることに疑問の声があがるのには、こういった理由もあります。

シリコン以外のコーティング成分としては、油が安全かつ優秀といわれています。
他にも、キューティクルを保護してくれる代表的なトリートメント成分を以下に挙げてみました。



キューティクルを保護する代表的な成分

(植物油、合成油剤など)
アボガド油、ホホバ油、オリーブ油、植物オイル類、ラノリン、パルミチン酸エチルヘキシル、ラノリン誘導体、ミリスチン酸イソプロピル、スクワラン、ワセリン、脂肪酸アミド類、セラミド、ミネラルオイル、オレイン酸グリセリル、セタノール、オクチルドデカノール、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソペンチルジオール、カチオン化セルロース、ヒドロキシエチルセルロース、キトサン、イソステアリン酸オクチルドデシル、安息香酸アルキル(C12-15)、アルガニアスピノサ核油、ココイルアルギニンエチルPCA、ツバキ油、ラウリン酸イソアミル、メトキシケイヒ酸オクチル、、ダイズステロール、バオバブ種子油、プルーン種子エキス、サフラワー油、 シロバナルーピン種子油、マンゴー種子油、テオブロマグランジ フロルム種子脂、カラパグアイアネンシス種子油、アボカド油、コメ胚芽油、ハイブリッドヒマワリ油、スクレロカリアビレア種子油、ホホバ種子油、トリエチルヘキサイノン、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、水添ポリイソブテン、コメ胚芽油、シア脂、、ミリスチン酸オクチルドデシル、ユチャ油、クルミ種子油、コメヌカ油脂肪酸フィトステリル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックス、イヌラクリスモイデエキス

(シリコン類など)
(ジメチコン、シクロメチコン、カチオン化ポリマー類)、ポリクオタニウムー11、ポリクオタニウム-55、ポリクオタニウム-7、リピジュア(ポリクオタニウム-64)、などポリクオタニウム類)

(紫外線吸収剤)
1. 4-tert-ブチル-4'-メトキシジベンゾイルメタン(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン)、2. パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)。3. 2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン(オキシベンゾン-3)、PABAオキシベ
ンゾン類、PABAエチル、アミルジメチルPABA、イソプロピルケイヒ酸エチル、エスクリン、エチルヘキシルトリアゾン、オクチルジメトキシケイヒ酸、オクタン酸グリセリル、オクチルトリアゾン、オクトクリレン、オリザノール、グアイアズレンスルホン酸エチル、グリセリルPABA、サリチル酸イソセチル、サリチル酸オクチル、サリチル酸グリコール、サリチル酸フェニル、ジイソプロピルケイヒ酸エチル、ジイソプロピルケイヒ酸メチル、ジスチリルビフェニルジスルホンサン2Na、シノキサート、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジン、ジメチルPABA 、ジモルホリノピリダジノン、ジフェニルカルボメトキシアセトキシナフトピラン、スピルリナプラテンシス、テレフタリリデンジカンフルスルホン酸、ドロメトリゾール、ドロメトリゾールトリシロキサン、トリメトキシケイヒ酸メチルビス(トリメチルシロキシ)シリルイソペンチル、トコトリエノール、ナフタリンジカルボン酸ジエチルヘキシル、パラメトキシケイヒ酸イソプロピル、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、フェニルベンズイミダゾ-ルスルホン酸、フェルラ酸、フェニルベンズイミダゾ-ルスルホン酸、ブメトリゾール、プロピオン酸オクチル、ベンゾトリアゾリルドデシルp-クレゾール、ベンゾトリアゾリルブチルフェノールスルホン酸Na、ホモサレート、メトキシケイヒ酸オクチル、メチルベンジリデンカンファ、メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、コハク酸ジエチルヘキシル